2010年08月23日

住信SBIネット銀行のハイブリット預金について

都市銀行・地方銀行などの普通預金では
どこもどんぐりの背比べで利息は大差ありません。

なので、
カードとして利便性が有る
とか
住宅ローンの関係で有利に働く
とか
そういう基準でいままでメインバンクを選んできました。

去年より投資信託を始めて
SBI証券に口座を持つようになったけど
それまでは都市銀行のネットバンキングより
SBI証券の口座に振込して行っていました。

これでもネット上の手続きなので、わざわざ銀行まで出向く必要もないし
特に不便と感じてなかったのですが、
住信SBI銀行に口座を開いて入金しておけば
「円普通預金から振替する事が出来て便利」という事を知り、口座を開こうかどうしようか迷ってました。

銀行口座はメインで使っている口座が既に有るので
これ以上新しい口座を作ることに若干後ろ向きだったのですが
(口座の管理が面倒くさくなるので)
SBIネット証券と住信SBIネット銀行の両方を開設すれば
「SBIハイブリット預金」を利用する事が出来るようになります。

ハイブリット預金のメリットは
■金利が普通預金に比べて0.05〜0.1%程度高い
■ハイブリット預金の残高はSBI証券の買付余力となる
という点です。

デメリットとしては
■一旦住信SBIネット銀行の普通預金口座に入れたお金を
ハイブリット預金へ振替する作業が必要
■ハイブリット預金に有る残金は、カードでは引き出し出来ない
(ハイブリットから普通預金へ振替作業が必要)
という点です。

直ぐに出し入れしたいお金をハイブリット預金に入れておくのは
手間がかかりますが
長い間動かさなくても良いお金をハイブリット預金に入れておくのは
メリットが有ると思います。
ハイブリット預金を利用するには必ずSBI証券の口座開設が必要になりますが
口座開設をしたからといって証券で株などを購入しなければいけないという
制約はありません。

実際、投資目的にハイブリット預金に入れておいたお金が
他の普通預金に比べて利息が多く付いていた事に後から気付いたぐらいです(笑)


posted by お涼 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

SBIの定期預金に預けてみた

投資信託にはまわさないけど、直ぐには遣う予定の無いお金を
定期預金に預けておくことにしまして色々検討したところ、
住信SBI銀行の定期預金に預ける事に決めました。

1年で0.5%
3年で0.6%
5年で0.7%です。

※税引前

長期での定期預金には若干不安があったので
1年での運用としました。

100万円を預けて、実質金利が0.4%なので
1年で4000円。
1ヶ月に換算すると333円程度の利子がつく計算です。
同じSBIの現在の普通預金金利が0.06%
仮に1年間この金利で据え置くと600円
1ヶ月に換算すると50円
単純計算すると凡そ6〜7倍の違いがあります。


キャンペーン金利の適用が100万円以上が条件
とか
新規に口座開設するのに、営業時間内に店舗で手続きが必要となる
など
各社定期預金のキャンペーン金利の適用条件も様々なので
預け入れ金額がいくらかによっても有利に働くところと
そうでない場合が出てきます。

私は店舗に出向いての新規口座の手続きなどはあまりしたくなかったのと
100万円以下でもキャンペーン金利が採用される部分に惹かれ
今回は住信SBIの定期預金に預けてみることにしました。

私は対象外ですが、新規口座を開設して且つ
1年もの以上の定期預金に100万円以上預けた場合は
抽選で1000名に10000円が当たるキャンペーンも同時実施していました。
※SBI銀行のサイトはこちら

ボーナス時期の各社キャンペーンを比べてみて
ご自分に少しでも有利に働くところへ預け入れるのも
良いかもしれませんね。




posted by お涼 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀行について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。